未分類

ヤミ金の取り締まりのために警察が行っていることの中心となっているのは、不正口座及び飛ばし携帯の販売をやめさせるということです。

 
不正口座というのは、口座の名義人が登録に使った印鑑、通帳、ネットバンキングにアクセスするためのIDとパスワードをまとめて他人に売却したものです。闇金の取引口座には、必ずこういった不正口座が使われます。というのは、闇金を運営している本人名義の口座を使ってしまったら、すぐに運営者が誰がわかってしまうからです。

 
また、飛ばし携帯というのは、偽造された身分証明書で契約した携帯電話です。一般的にプリペイド携帯が使われ、これもやはり、闇金の運営者が誰かわからないようにするためのツールです。

 

本09
つまり、不正口座、飛ばし携帯を売っている人間を逮捕して、闇金の人間が買えないようにすれば、闇金の運営は非常に難しくなるわけです。というのは、口座がなければお金を貸した人間から返済金を受け取ることが出来ませんし、携帯がなければ、お金を貸した人間に連絡出来ないからです。
闇金の運営者の行方というのは非常に掴みづらいので、警察は上記のように闇金に必要なツールを奪って、闇金自体を運営出来ないようにしているわけです。

高等学校の家庭科の授業では、実に様々な内容を学びます。一見、「料理と裁縫」と思われがちですが、現代の家族問題や高齢社会、保育分野、環境問題、住居など本当に生活に必要な知識と技術を学びます。

 
その中で、「家庭経済」という分野があります。家庭経済では、家計のことや国民経済・世界経済、消費者問題に至るまで、触れていきます。特に消費者問題としては、クレジットカード社会についてや悪徳商法などの消費者トラブルについて勉強します。
現在、インターネットのトラブルや振り込め詐欺など、形を変え、被害を受ける人があとをたちません。そういった被害にあわないため、また加害者にならないようにするため、消費者教育をしていきます。

本08
クレジットカードの利用としては、高校卒業後にすぐにカードを作り、利用する機会が予想できるため、カードの仕組みや利用法の注意点などについて説明していきます。カードは適切に利用すればとても便利なものですが、使い方を間違えると多重債務に陥ることがあります。自己破産は自分の将来を売ることになります。その恐ろしさについてもよく教えていきます。

 
消費者教育を受けることは、社会に出る子どもたちにはとても重要なことなのです。

多重債務問題を解決するためには弁護士費用などそれなりの資金が必要となりますが、その資金をねん出するために利用できる公的な貸付制度が生活福祉資金貸付です。この制度はもともと生活上の困難を抱える低所得者世帯や高齢者世帯に対して、民間の金融機関に比べて低い金利で資金を貸しだすことを目的としており、就学や介護などを目的とする貸付に関しては無利子で利用することもできます。

 
この制度には近年問題になっている多重債務者のセーフティネットとなる役割も期待されています。福祉資金はその目的に応じていくつかの種類に分類されていますが、そのひとつである総合支援金は生活の再建のためにも利用することができるのです。またこの福祉資金を融資してもらうためには、社会福祉協議会および地域の民生委員により相談、援助を受ける必要があります。これには困難を抱える人達と顔の見える関係を構築することによって、援助が必要な人達がさらなる困難に陥るリスクを少しでも減らそうという目的があるのです。このように生活を再建するために必要な資金の貸し付けと、問題解決のための相談、援助を組み合わせることで、多重債務問題を解決する糸口を探そうという取り組みが全国各地ではじまっています。

 

 

借り入れがあってもその返済が順調であれば、特に問題はないと言えますが、実際には借金の返済で悩まれている方は少なくありません。

 

 

特に深刻なのは、複数社から借り入れをしている、いわゆる多重債務の状態です。

多重債務になると、それだけ多くの利息を支払っていかなくてはいけませんし、返済が難しいために、さらに借り入れを繰り返し、中にはヤミ金融のようなところにまで手を出してしまう方もいらっしゃるものです。
こうなってしまうと個人の力だけでの解決は難しいといえるでしょう。

 

 

借金問題は解決が難しい悩みのひとつですが、それでも解決策はあり、債務整理で借金を減額してもらうなどでより返済を楽に行うこともできます。

借金の状態や返済能力により解決策は変わってきますが、最適な方法を見つけることにより解決へと近づきます。

 

 

借金は放置しておいて、許されるというわけではなく、長引けば長引くほど苦しくなりますので、できるだけ早く行動していくことが大切です。

内閣でも、多重債務者対策のために、多重債務者対策本部が設置されています。

こうした相談は全国の市町村に相談窓口が用意されていますので、まずはこうしたところに相談し、最適な解決策を見つけていきたいものです。

カードローンやキャッシングは、即日融資にも対応していることが多く、急な出費が合ったときなどはとても便利な存在となっています。
こうした借り入れは来店の手間なく、インターネットからなどからも行うことができ、さらに利便性が良くなっていますが、それゆえについ借金をしているという意識が薄れがちになってしまいます。
一ヶ所からだけではなく、無計画に数ヶ所から借り入れしてしまうことは珍しくありません。

 

 

そして、無担保の融資は金利が高めに設定されていることもあり、返済のためにまた借り入れを増やしてしまうということも少なくありません。

複数先から借り入れをしている状態を多重債務と呼びますが、多くの借り入れをしていると、それだけ多くの金利も必要ですし、返済日もそれぞれ違いますので管理が大変となってしまいます。

 

 

そして返済が滞ってしまった場合も、その間もどんどん利息は増えてきますので、対策は早めに行っておく必要があります。

そして、そういった人たちの救済のために、政府の多重債務者対策本部、多重債務問題改善プログラムが決定し、すべての市町村に丁寧に事情を聞いてアドバイスを行う多重債務相談窓口が設置されています。

本07

 

借金問題は個人で解決することが難しいことも多いですから、まずはこうした窓口で相談し、最適な方法で解決していきましょう。

 

改正貸金業法では総量規制や過剰融資の抑制など様々な点で改正が加えられていますが、金融会社の仕組みや業界を大きく変えたものの一つが金利です。
改正前は出資法と利息制限法の二つの金利体系が存在していました。
法律で定められているの金利は利息制限法によるものです。
ただし、これにはみなし弁済という利用者の任意の契約によって、出資法での上限金利でも罰則が受けられない仕組みになっていました。
この矛盾はグレーゾーン金利を生みだすことになり、高金利は多くの多重債務者の増加というカタチで表れました。
この金利体系の是正を加えたのが改正後の貸金業法です。
また、金利の概念にも改正と規制が加えられています。
利息には契約の締結費用を含めること、債務の弁済費用に関しても利息の中に組み入れられることが定められています。
加えて保証料に関しても、この金額を加えた利率が上限金利を超えないことになっており、超えた場合は刑事罰が科せられる仕組みになっています。
電話担保の融資に適用されていた金利の特例も撤廃されるなど、金利之仕組みが大きく変わっています。
消費者金融をはじめ金融業界の再編を促す結果となりましたが、一連の金利規制により業務の適正化と透明化も進むことになりました。

賃金業法は、平成18年12月20日に公布が行われ、その4年後でもある平成22年6月18日に施行された法律です。
この法律は、多重債務者を無くすなどの目的で施行された法律であり、消費者金融会社などに対する法律となっています。

本06

 

この賃金業法が施行されたことで、従来存在していたグレーゾーン金利の廃止、出資法の上限金利を利息制限法の上限金利に引き下げ、更に総量規制を取り入れたと言う特徴があります。

 

 

総量規制は、過剰貸付規制でもあり、年収の3分の1を超える貸し付けは基本的に出来ないというものです。
この規制は、多重債務と呼ばれる、複数の金融会社からの借り入れを阻止する目的で策定されたもので、総借入残高が年収の3分の1を超えている場合には貸し付けを行う事が禁じられています。

 

 

因みに、消費者金融などでのキャッシングの申し込みを行う際に、簡易的な審査を行う事でキャッシングの利用可否が解るようになっていますが、ここでは他の金融会社からの借り入れ件数や借入総額と言った質問に答えるようになっています。

既に他からの借り入れが有り、しかも借入している金額の総額と言うものが年収の3分の1を超えている場合にはお金を借りる事が出来ないような規制が設けられているのです。

改正貸金業法の狙いは消費者金融をはじめとした貸金業者の業務の適正化と過剰な貸し付けを防ぐことにあります。
以前の融資を巡る状況としては出資法による高金利での貸し出しもみなし弁済などで可能となっていた為に、返済不能になると思う利用者にも貸し付けることが多々ありました。
また、過当競争の中で融資実績が重視される傾向もあり、それが過剰融資の要因にもつながりました。
貸金業法の改正では参入規制も明記され、純資産額が5,000万円以上の業者でなければ、経営することはできません。
参入を厳格化したのも改正貸金業法であり、経営が健全な会社、資金的に体力のある会社のみが残る結果となっています。
中小の消費者金融が街中から姿を消したのも、この改正と同時期です。
5,000万円以上という金額は大手や中堅業者が中心になり、合併や廃業などで業界全体が大きく変わる契機にもなりました。
加えてコンプライアンスの遵守を徹底するために貸金業務取扱主任者の資格制度を設け、営業所ごとに配置することも法律で規定されています。
これらは過剰融資と多重債務者の増加などを受けてのもので、貸し出しの制限を定める総量規制と併せて貸金業者を在り方を規定する法律になっています。

本05

 

消費者金融をはじめ貸金業者が貸し出す際の上限金利は利息制限法で定められ、融資額が10万円未満であれば年利は20%、10万円以上で100万円未満は18%、100万円以上では15%と決められています。

 
同時に過去の契約で多くみられた、みなし弁済に関する制度も廃止されています。
みなし弁済はグレーゾーン金利の要因にもなり、出資法下での金利での貸し出しも可能としていたものでした。
現在、出資法の金利自体も20%に引き下げ、これを超える貸し出しは刑事罰の対象となります。

 
また、利息制限法の上限の金利と出資法の上限の金利の差で貸し付けることも行政処分の対象となり、登録免許の取り消しなどの重い処分などが科されることになっています。

 
こうした制限金利に関する条項に変更を加えたのが、現在施行されている改正貸金業法です。
この法律は貸金業を営むすべての業者・サービスに適用されるものです。
銀行に適用されている銀行法とは違う点はしっかり把握しておきたいところです。
加えてヤミ金融に対する規制と罰則強化も含まれています。
高利での貸し出しや登録の免許なしで営業することは懲役刑などの刑事罰が科されます。