アドバイスを行う相談窓口の整備・強化

 

 

借り入れがあってもその返済が順調であれば、特に問題はないと言えますが、実際には借金の返済で悩まれている方は少なくありません。

 

 

特に深刻なのは、複数社から借り入れをしている、いわゆる多重債務の状態です。

多重債務になると、それだけ多くの利息を支払っていかなくてはいけませんし、返済が難しいために、さらに借り入れを繰り返し、中にはヤミ金融のようなところにまで手を出してしまう方もいらっしゃるものです。
こうなってしまうと個人の力だけでの解決は難しいといえるでしょう。

 

 

借金問題は解決が難しい悩みのひとつですが、それでも解決策はあり、債務整理で借金を減額してもらうなどでより返済を楽に行うこともできます。

借金の状態や返済能力により解決策は変わってきますが、最適な方法を見つけることにより解決へと近づきます。

 

 

借金は放置しておいて、許されるというわけではなく、長引けば長引くほど苦しくなりますので、できるだけ早く行動していくことが大切です。

内閣でも、多重債務者対策のために、多重債務者対策本部が設置されています。

こうした相談は全国の市町村に相談窓口が用意されていますので、まずはこうしたところに相談し、最適な解決策を見つけていきたいものです。